日やけ予防・正しい洗顔

「資生堂子どもセミナー」

『日やけ予防・正しい洗顔』

資生堂では社会貢献活動の一環として小学校5・6年生を対象とした「資生堂子どもセミナー」を無償で実施しています。「資生堂子どもセミナー」は、肌が変わる思春期直前の子どもたちに、自分の肌の正しい手入れ法をお伝えするセミナーです。

具体的な内容は、紫外線が肌におよぼす影響を知り、紫外線を防ぐことを学ぶ『日やけ予防』と、洗顔の必要性を知り、正しい洗顔法を学ぶ『正しい洗顔』の2講座です。各講座とも体験型の授業です。
1回(1コマ:45分)の講座につき資生堂社員講師(児童4〜6名に1名程度)が子どもたちに直接、細やかな指導をさせていただきます。

実施教科:総合学習/保健/体育/生活指導/道徳/その他(公開授業参観)



『日やけ予防』

紫外線が肌におよぼす影響を知り、紫外線を防ぐ方法を学びます。

【主な内容】
◆肌の仕組みを知り、日にあたり過ぎによる肌への弊害を学ぶ。
◆紫外線のことを学ぶ。
 ・年間や一日の間でどの季節やどの時間帯に多いのかなど
 ・くもりの日でも、冬の季節でも紫外線はあるなど
 ・午前中が多いなど 
 ・皮膚がん発症の原因になるなど
◆紫外線対策について学ぶ。
 ・オーストラリアでは特に日やけ対策に力を入れているなど
 ・直射日光を避ける、防止や長袖を着る、日やけ止めをつけるなど

対象:小学5・6年生
時間:45分(1コマ)
場所:家庭科室・理科室など
人数:20〜45名程度(1クラス)

◆資生堂「子どもセミナー」実施風景(日やけ予防編)


『正しい洗顔』

肌とよごれの関係を知り、洗顔の必要性、正しい洗顔法を学びます。

【主な内容】
◆日常の生活をおくる上で皮膚は必ずよごれることを学ぶ。
 ・体内からでるよごれ(アカや古くなった皮膚など)
 ・外からのよごれ(空気中のちりやほこり、細菌など)
◆皮膚を清潔にする(洗う)理由
 ・不潔なままだと皮膚の病気の原因となるなど 
 ・肌の新陳代謝が悪くなるなど※にきびや乾燥肌
◆正しい顔の洗いかたを学ぶ。
 ・洗顔料で泡を立てることにより手と肌の間の摩擦が軽減され、皮膚をやさしく洗えるなど
 ・上手に泡を作るには、手洗いを済ませた清潔な手のひらで洗顔料に水を加え、
 細かくシェイク(空気を取り組む)するなど
 ・洗った後は、清潔なタオルでおさえるように顔を拭くなど

対象:小学5・6年生
時間:45分(1コマ)
場所:家庭科室・理科室など
人数:20〜45名程度(1クラス)

◆資生堂「子どもセミナー」実施風景(正しい洗顔編)



「資生堂子どもセミナー」授業の流れ



「資生堂子どもセミナー」実績

昨年度(2014年)全国で28回実施いたしました。受講児童数は900名余りになります。
本年度(2015年)は更に実施数を増やすべく、実施頂ける小学校を募集しております。

※ご不明な点・ご質問などございましたらご遠慮なくご連絡くださるようお願い申し上げます

【お問い合わせ先】
株式会社 放送映画製作所 東京支社 
資生堂「子どもセミナー」
コーディネート業務担当 田阪
〒103-0027東京都中央区日本橋3−5−13
Tel:03-5202-6062  Fax:03-5202-6066
E-mail:k.tasaka@hosoeiga.co.jp



Copyright (C) 2011 Zenkoku shogakko kateika kyoiku kenkyukai All rights reserved.