研究紀要部

平成29年度の研究紀要部について

研究紀要部長 加園正子

1 事業内容

(1)全国大会石川大会研究発表に関すること
(2)全国大会石川大会・地区研究発表一覧の作成
(3)各都道府県研究状況の報告(会報にて)

2 第54回全国小学校家庭科教育研究会・全国大会石川大会について

全国大会主題
「未来を創り出す豊かな心と確かな実践力を育む家庭科教育」

石川大会研究主題
「豊かな生活を創り出す子をめざして 〜つながろう家庭・地域、高めよう実践力〜」

石川大会の研究の課題
 ■ 研究のねらい
  生活の中から課題を見つけ、学んだことを活用して、家族・地域の一員として生活を
  よりよくしようと実践する子の育成

 ■ 研究の柱
  柱1 生活を工夫し、実践力を高める指導計画の工夫
  柱2 主体的、対話的で深い学びにつながる学習指導の工夫
  柱3 生活を工夫し、実践力を高める評価の工夫
  柱4 実践につながる家庭・地域との連携の工夫

3 全国大会の期日及び会場等
 (1)期日 平成29年11月16日(木)・17日(金)(2日間開催)
 (2)日程・会場
  ○11月16日(木)
  【公開授業・発表会】受付13:00〜13:30
  ・第1会場 小松市立芦城小学校
  ・第2会場 白山市立松南小学校
  ・第3会場 金沢市立中央小学校
    公開授業 13:30〜14:15
    研究協議 14:25〜15:10
    実践発表 15:25〜16:35
  ○11月17日(金) 受付 8:30〜9:00
  【全体会】9:00〜12:30
  石川県立音楽堂邦楽ホール(金沢市)
  開会行事 地区発表会等 閉会行事
 (3)地区研究発表県 (研究内容の割り振り)
  ※発表順
   中国・四国………… 徳島県(D)
   九州………………… 鹿児島県(A)
   東京………………… 東京都(B)
   北海道・東北……… 福島県 (C)
   近畿………………… 兵庫県(D)
   関東・甲信越……… 茨城県(A)

4 今後の課題から地区研究発表の研究内容の割り振りについて
 ※全国大会参加者が、全ての内容の研究発表を聞くことができ、授業に生かす
  範囲が広がるよう、次のように割り振り地区研究発表会を行う。
  移行期2年間は、東京の発表を 行わない。
   ・(家庭生活と家族)  ・(日常の食事と調理の基礎) 
   ・(快適な衣服と住まい)・(身近な消費生活と環境)


平成30年度

 
北海道・東北(青森県)      
近畿(奈良県)      
関東・甲信越(長野県)      
東海・北陸(石川県)     ○住  
中国・四国(高知県)        
九州(宮崎県)      



Copyright (C) 2011 Zenkoku shogakko kateika kyoiku kenkyukai All rights reserved.