シリーズ『授業』

自分の生活を見つめ、家庭生活をよりよくしようと工夫し、
                     実践する児童の育成

実践例 題材名:『家族と「(秘)なごやかタイム」大作戦』(第5学年)

埼玉県小学校家庭科教育研究会

埼玉県では、教育振興基本計画「生きる力と絆の埼玉教育プラン」のもと、児童の総合的な「学力向上」を図っている。 本県児童の実態としては、家庭科への興味・関心は高く、特に実習を伴う学習には意欲的に取り組んでいる。 しかし、学んだことを家庭生活で役立てたり、実践したりするまでには至っていない児童も多い。

そこで、家庭生活を見つめ直し家族の一員としての自覚をもって生活を実感することで、家庭生活への関心を高める。 さらに、学習したことを家庭生活に生かし、生活をよりよくしようと考え実践できる児童の育成を通して総合的な学力向上をめざし、本研究主題を設定した。


詳しくは、下記のPDFをご覧下さい。

『家族と「(秘)なごやかタイム」大作戦』(第5学年)(PDF:1000KB)



Copyright (C) 2011 Zenkoku shogakko kateika kyoiku kenkyukai All rights reserved.