シリーズ『授業』

共にひらく家庭科の学習

〜自分の成長を自覚し、他者と協働しながら生活をよりよくしようと工夫し実践する子供〜

長野県佐久市立高瀬小学校 武内滋子

児童の実態を見ると、製作や実習への関心や意欲は高いが、既習事項や生活経験と関連付けて考えたり、互いに考えを広げたり深めたりしながら見通しをもち課題の解決に向け取り組んでいくことに課題がみえた。そこで、他者と協働しながら、日常生活をより良くしようと意欲をもって主体的に工夫し、実践しようとする姿を育みたいと願い、本研究主題を設定した。

詳しくは、下記のPDFをご覧下さい。

共にひらく家庭科の学習(PDF)













Copyright (C) 2011 Zenkoku shogakko kateika kyoiku kenkyukai All rights reserved.